告別 残響
まるで名前を呼ぶたびに「好き」だと囁いているようだった。

2016.1 title+1
あのこはこの日々が罰だと言った。わたしはこの日々こそが罪だと思った。






1277872 anniversaries of death.

mono space